> 化粧品に含まれる化学物質のリスク評価 | ヘッドスパ専門店が教える頭皮ケア・ヘアケア

*

化粧品に含まれる化学物質のリスク評価

公開日: : 化粧品の安全性


アトピーシャンプー

化粧品のリスク評価

化学物質のリスク評価は掛け算

化学物質の人体へのリスク評価は、以下のような掛け算の式で表されます。

 人体への影響=[A]化学物質の毒性×[B]曝露量

ここで最も着目すべきことは、リスク評価は[A]化学物質の毒性だけでないことです。人体への[B]曝露量も考慮しなければなりません。

曝露量とは簡単に言うと摂取量です。その化学物質をどの程度体内に取り入れているかが、リスク評価で大切となります。

しかしながら、化学物質の毒性のみを考慮して、「この化学物質は危険だ」と評価するケースが多いのが残念でなりません。

 

化粧品は皮膚から摂取するが・・・

食品の場合は口から摂取する(経口)しますが、化粧品の場合は通常皮膚から摂取(経皮)します。化粧品は食品に比べて格段に体内への摂取量が小さいです。

しかし、目や口などに化粧品が入ると、皮膚から摂取する量の何倍もの量を摂取していまうので、注意が必要です

 

 

アトピーシャンプー

関連記事

化粧品の化学物質

化粧品に含まれる化学物質のリスクとベネフィット

化学物質の全てが悪いわけではない 化学物質と聞くだけで「悪いもの」と認識している人が多くいます

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • line

    facebook


  • ベルシュヴー採用ページはこちら ベルシュヴー公式ページはこちら シャンプー&ヘアマスクの通販はこちら
PAGE TOP ↑