> 頭皮が炎症をおこすメカニズム | ヘッドスパ専門店が教える頭皮ケア・ヘアケア 頭皮が炎症をおこすメカニズム | ヘッドスパ専門店が教える頭皮ケア・ヘアケア

*

頭皮が炎症をおこすメカニズム

公開日: : 頭皮の炎症


アトピーシャンプー

頭皮の炎症

頭皮に炎症がおこると、かゆみや湿疹などの症状が表れることがあります。

今回は頭皮が炎症を起こすメカニズムについてお話しします。

(頭皮が炎症を起こす原因については別の機会にお話しします。)

 

炎症とは

ウィキペディアによると、炎症とは「生体が何らかの有害な刺激を受けた時に免疫応答が働き、それによって生体に出現した症候である」とあります。

また、「外傷や熱傷などの物理的要因や、感染、アレルギー反応によって引き起こされる発赤、熱感、腫脹、疼痛を特徴とする症候」との記載もあります。

免疫応答とは、私たちの身体の自己防衛機能で、様々な刺激に対して無意識に体を守る働きをします。しかし、免疫応答が過剰に働くことで炎症が起こり、身体にとってマイナスになってしまうことがあります。

 

頭皮の炎症はどのようにおこるのか?

頭皮が刺激を受けることにより、まずその付近の血管が一時的に収縮します。その後、血管が拡張し血管透過性が高まることにより、血管から血漿成分が溢れだし、腫れが起こります。

頭皮の炎症部分の白血球が化学伝達物質を放出するようになると、頭皮の炎症がさらに悪化します。

 

アトピーシャンプー

関連記事

頭皮の炎症

頭皮が炎症をおこす4つの原因

以前の記事で「頭皮が炎症をおこすメカニズム」について記載しました。 今回の記事では頭皮

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • line

    facebook


  • ベルシュヴー採用ページはこちら ベルシュヴー公式ページはこちら シャンプー&ヘアマスクの通販はこちら
PAGE TOP ↑